JR踏切からの飛び込み自殺

JRへの飛び込み自殺です。
踏切から侵入し、快速電車にはねられています。
急ブレーキをかけても間に合わない、
という記事にはありますが
電車への飛び込み自殺では
やはり止めることが難しいので、
自殺率は高いといえるでしょう。

こうしたJRへの飛び込み自殺は、
大体どの場合も1万人以上の人の足を止めています。
ということは、その人数×一般的な乗車料金が
賠償金としてかかってくるということです。

踏切での自殺ではこういったことを考慮しなければいけません。

▼参考ニュース記事
PR:帰宅ラッシュの踏切くぐり…新快速にはねられ男性死亡 JR山陽線・魚住駅