サイトへの問い合わせ回答1

問い合わせへの返信
▽のページより頂いた問い合わせ内容への返信です。
コメント、感想や連絡等はこちらへ
(2016年11月〜2017年3月までにいただいたコメントへの返答)


自分が生きることが大事


名前: gnzuy
時間: 2017年03月28日15:13
内容: 問い合わせ(サイト掲載の際は公開します): 管理人の独り言を読んで、ふっと楽になった部分があります。
人に迷惑をかけてもいい、自分が生きていることが大事というのはそのとおりだと思います。
私も、多分okirikさんも自殺を思いとどまって生きることにしたからといって、この先の人生幸せで明るいだけということはありえないですが、そんな中でもほかの人の役に立ったりできるのだということ自体にも救われる思いです。
ありがとうございます。

△回答(2018年04月20日 00:55):返信が1年以上経ってしまい、申し訳ありません。
gnzuyさんも、
管理人の独り言
を見て共感していただき、ありがとうございます。

現在、少しでも楽な気持ちで生きていれれば何よりです。

当初、逃げてきたことのなかにはたまに夢で見るものがあり、年数が経つにつれて夢を見ることも減っていき今では頻度はかなり低いものの、逃げたということは逃げた事実や罪悪感をずっと背負っていくのだなと思っていました。
ですが、そうした経験があるからこそ今後の生き方も変わってくるとも感じています。
私は過去に何度もやる気や生きる気力がそれぞれでたりでなかったりを何度も繰り返していますが、それでも少しずつでも前に進んでいるのは、死のうとしたことや投げたことを人生の失敗部分として、人間としての経験値が増えていっているからなのかもしれません。

そして過去に辛いことを経験した人というのは、その分悩み相談やアドバイスなどで周囲の人の役に立つことが少しでもできるのかなと思います。
もちろん、できるようになったからといって必ずしも誰かの力になる必要はありませんので、周囲の人間に深く関わらずに生きていくこともひとつの選択肢です。


自殺方法を知り問題点に気づいて変えられるかもしれない

名前:オギ
時間: 2017年03月25日16:27
内容: サイト様の趣旨共感しました。

自殺方法を知り、いつでも自殺できるというのは、確かに心に余裕を作り自分の現状を客観視するのに役に立ちました。
これで自分の問題点に気づき、解決又は環境を変えられる人もいるかもしれません。
どうしようもない状況の人にとっても、一息つく良い機会だと思いました。

色々参考になりました。ありがとうございます。
特に、海外から見た日本の自殺や、管理人の独り言(2016.6.14)が興味深かったです。
私は今、全てを投げ出して数か月経ち、そろそろ決断するときだと思っているところです。

△回答(2018年04月17日 01:55):返信が1年以上経ってしまい申し訳ありません。
投げ出した後、現在のオギさんはどのような状況なのでしょうね。少しでも楽になれていれればよいのですが…。

当時のオギさんがこのサイトの趣旨に共感していただけて何よりです。

最近、自分に余裕ができるということの他にも「興味があることを調べる」ということがストレスの発散となる気が私はしています。
実際、このサイトをつくりだした時というのは、おそらくこのサイトを見ている人が誰しも知りたいと思っているであろう「楽に自分で死ねる方法」を知りたかったからです。
でも今思えば「熱中して」自殺の方法を調べていたことで、だんだんと多少なりとも気がはれていたんだと思います。

鬱、ストレスというのは自殺願望と密接な関係にあります。

  • 解決しない問題が続く→ストレスがたまる→鬱になる
  • 憂鬱な状態が続く→仕事や人間関係がうまくいかなくなる→ストレスになる

こうした悪循環を断ち切るには、少しでも現状を変えていく必要があります。
私が元々ネットで調べものをするのが好きだったせいもあるかもしれませんが、実際に直接解決に繋がる情報が見つからなくても「研究をしていくことでストレス緩和」につながるのではないかと考えています。

オギさんが興味深かったというのは
管理人の独り言
のページに書いた、全部投げてしまうことで逃げれるし案外残された人もなんとかなる、というような文章のことですね。
正直いい大人がそんなことを言ってはいけないのでしょうが、投げてしまうことでストレスから開放されるのであればそれも1つの方法です。
もちろんしっかりとした解決方法があるのであれば、それに越したことはありません。

オギさんのいう「これで自分の問題点に気づき、解決又は環境を変えられる」ことに繋がるのが今後のこのサイトの目標で、いつになるかはわかりませんが、次の新しいページは憂鬱やストレス、精神疾患についての情報を記載しようと思っています。
今となっては自殺の方法を記載しているサイトはたくさんありますし、死なずに解決することができればそれが一番ですから。


過去2回の自殺未遂も、現在は自分の力で生きている

名前: 冬霧
時間: 2017年03月06日20:41
内容: 過去二回の自殺未遂を行っています。希望を持てず、楽になりたかった、それだけです。ですが、現在はそれなりに生きています。
だからこそ、こちらにコメントさせていただきます。

自殺志願者様全員に当てはまる訳ではなく、むしろこのお話は少数の方にしか当てはまる事はないでしょう。しかし、一人でもこの話で救われる可能性があれば幸いと思います。

現在私は非正規の身分、平たく言えば派遣社員として関西圏で生活しています。私の所属している派遣会社は給料がそれ程良いという訳でもなく、また寮費等が割と高めなところですが、良いところもあります。
それは、仕事に応募してからの対応の速さと、面接方法です。そこそこの遠方であれば電話での面接のみと言う場合もあります。又、応募から数日で現地での生活を始める事ができます。最初に生活補助金が出る所も多くあり、旅行鞄一つの準備で新しい環境で生活を始める事が出来ます。自宅から遠方であった場合は移動費も全額負担をしてくれます。

私の場合、何か所か勤務地を変え、今の職場に3年近くいます。仕事は多少(?)大変ですが、良い上司と仲間に出会うことができました。住んでいる町も割と田舎でのんびりしている感じがあるところです。2,3か月目からは給料もひと月分ちゃんと出て、支払いと生活費も賄えるようになりました。・・・・そして、なんといっても、

自分の力で生きている

と言う実感が持てました。余裕が少しできた私は後から入ってきた訳アリの後輩たちの相談に乗ったり、一緒に食事に行ったりもできるようになりました。
最初にも書きましたが、皆様に出来る事ではなく、一部の方たちにしか当てはまらない事ではありますが、まだ動ける、少しでも働ける、環境を変えたい、自宅に居たくない、と言う方は、派遣社員として、遠方で生きてみるのも一つの手段ではないでしょうか?

憎い相手を殺したいと思う事もあるでしょう。
今の環境に絶望し、人生を投げ出したいと思う事もあるでしょう。

分かります。私も経験があります。ですが、もうちょっとだけ足掻いてみませんか?たとえ格好良く無くても生きてみませんか?絶望している人間を助ける事ができるのは絶望を知っている人間が適切ではありませんか?このサイトを見ている方の多くは絶望を知っている方でしょう。今度はアナタがダレカを助ける事が出来るかもしれません。

このサイトを見ている皆様へ
皆様は痛みを知っています。痛みを知っている者は知らない人間よりも優しさを与える事が出来ます。たとえ同情であっても救われた人間にすれば、それは確かな救いです。もう一度だけ頑張ってみましょう。成功するとは限りません。再び絶望するかもしれません。ですが、人生の道に光を取り戻してみませんか?それはきっと、とても素晴らしい事だと思います。
一人でも多くの方が絶望の中から立ち上がれる事をお祈りさせていただきます。
長文、失礼いたしました。

△回答(2018年04月07日 01:30):
一年ほど経ってしまい、申し訳ありません。

このサイト宛のメッセージではなく、サイトを見ている方宛のメッセージですね。

社員としてではなく派遣会社で働くという生き方もあるという、仕事が見つからないので自殺したい、家に家族といるのが苦しくて自殺したい、という方の参考になるお話ではないかと思います。

何度も「全員に当てはまる訳ではない」と言っていただいていることが、冬霧さんは生きてきたなかで大変な苦労をし、様々な人を見てきたのだと感じます。

このお話に当てはまる方で、多くの場合は現在の状況を「変えられない」という状態から「一歩を踏み出す」ことができないでいるのではないでしょうか。
この一歩を踏み出すことで現状を変えられる場合でも、その壁というのはとても大きいものだと私は思います。
そもそも気力がわかない、現状を変えるのが怖い、何かのストレスで新しいことに挑む気持ちがないなど理由は人によって異なります。

そして一歩を踏み出せた人のきっかけも様々で、誰かの声掛けやアドバイスであったり、テレビで何かを見たり、どんなことがきっかけとなるかはわかりません。
冬霧さんはおそらく色々な方の一歩の手助けをしてきたのだと感じました。

「自分の力で生きている」と感じることで、自殺したいという気持ちもなくなっていくでしょう。

このサイトでも寮付きの仕事をしてみるなどと書いたページがあったと思いますが、冬霧さんのいう派遣社員になるという方法ではさらにストレスなども少ない仕事の見つけ方です。

本当に自殺が一番良い選択肢であるほど、現状が酷く苦しいという人もいると思いますし、そのような人には冬霧さんのメッセージも私が書いている内容も響かないかもしれません。
ですが、そうではなく自殺しない方が良い人も自殺志願者のなかにはいるはずです。
冬霧さんのこのメッセージで一人でも救われることができればと私も思います。


PR:東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive


何日も見つからずに山奥で自殺したい

名前: 失踪って難しいですか?
時間: 2017年02月25日09:07
内容: とりあえず誰にも見つからず失踪した上で、ひと気の無い山奥での自殺をするつもりです(移動手段は車)。一般的に考えて、この方法で何日間も発見されない事は可能だと思いますか?過疎地で人口密度低ければ大丈夫って考えは楽観的すぎますかね…


△回答(2018年03月25日 00:14):返信が1年以上となってしまい、申し訳ありません。


誰にも見つからず、ひと気のない山奥での自殺はきっと考えている人が多のではないでしょうか。
ただひと気のいない山と思っていても、穴場狙いの登山者や山菜取りなど様々な理由でひと気のない山に向かう理由がありますし、もし所有者がいるのであれば定期的に様子を見る可能性も考えられます。

また、ひと気がない場所に車で向かうと、地元の人が「こんなところに車が止まっているのは珍しい」と山付近に停車している車に不信感を抱いていしまいます。
停車する前でも、向かっている途中に「今の車、こんなところで何をしているんだ?」と疑問に思われてしまうこともあるかもしれません。
とはいえタクシーで向かうのは最も危険が高いです。
タクシー会社は自殺者のみならず、怪しい人に関しては会社や警察に相談するようにと社内で言われていることが多いからです。
不自然ではない範囲に車を止めて徒歩で行くか、逆に車がよく通っている山の目立たないところに入っていくのが良いのかもしれません。

他にも注意点はあり、それは失踪した場合に周囲の人から出される警察に失踪届や捜索願です。
失踪届や捜索願に関して公的なサイトで見つけることはできなかったのですが、家族しか出すことができないとされています。
家族で住んでいる方は旅行に行くなどと伝え、数日間家を開けても不自然ではない状態にしておくべきといえます。

一人暮らしをしている場合でも、どこかに勤務していたのであれば
仕事にこない→家族やアパートの管理会社に連絡→捜索願
となってしまう可能性が高いです。

捜索願を出したが警察が動かない場合でも、興信所、つまり探偵に依頼されてしまうと色々調べられてしまいます。

失踪する前には仕事を辞め、毎日会うような人がいない状態にしなければ難しいかもしれません。
またその山の近くに引っ越すなど、「山に向かうのが不自然ではない」ような状況を作っておくのも1つの方法かもしれません。


迷惑がかからず苦しさや痛みのない死に方を知りたい

名前:名無し。
時間: 2017年02月14日22:37

他人や身内に迷惑がかからない
楽で苦しくなく、痛くもない死に方ってないですかね。
臆病だと思いますよね。でも死にたいという気持ちは誰にも負けないんじゃないかと思います。
もう疲れました。
死にたいです。
迷惑がかからなくて、痛くも苦しくもない死に方。
ネットで色々と調べたり相談したりもしたのですが、死なないで!だのなんだのほざきやがる奴ばかり。
うんざりなんです。こっちはもう死ぬ覚悟は出来てるんですよ。
死なないで?あんたらに俺の何が分かるんだよ。

【迷惑がかからない】【苦しくない】【痛みのない】
これらの死に方を教えて欲しいです。
臆病ですいません。でも、教えてもらえたらすぐに死ぬんで、。

△回答(2018年03月19日 21:22):返信が1年以上も経ってしまい、申し訳ございません。

周りに迷惑をかけない、楽に死ねる方法というのは自殺を考えている人の誰しもが願う方法だと思います。
誰かに恨みをぶつけてやりたい、という場合なら別ですが…

実際にネットで自殺の方法を調べても「止める内容」のサイトは多く、このサイトの中でも止めるというか、本当に死ぬべきかを考えてもらうページはあります。
それは実際に死ぬべきとまではいかないと思われる人も自殺を考えることがあるためです。
そんな方がこのサイトで留まればという思いと、自殺したほうがマシな人が楽に死ぬことができればという思いと両面でサイトを構成しています。
後者は倫理的に良くないとされるために、記載しているサイトは少ないのかもしれません。

痛みや苦しみが少ない方法に関しては、特定の方への返信で方法を記載することで自殺幇助になるために記載することができず、申し訳ありません。
強いて言うならということになりますが、痛み、苦しみとは人間の体を通じて脳が感じる感覚です。
脳がこの感覚を感じる前に意識を失う方法であれば痛みや苦しみはなくなるのかもしれません。

迷惑をかけない自殺についてですが、まず自殺をすることでどのような迷惑がかかるかということを考えてみました。
死ぬことでの迷惑は金銭的なことや人間労力的なことなど様々な部分がありますが、今回は人が死ぬことで第三者にかける迷惑を考えてみます。

部屋で死ぬ場合、部屋が賃貸であればオーナーもしくは自殺者の家族が清掃代を負担することになります。
自殺後に発見されるまでの期間が長ければ長いほど、この清掃代は高くなるのかなという気がします。
長期間見つからないことで、腐敗などが進み部屋の床に液体が染みてきます。
賃貸で別に家があるか自分の親が持っている家かに関わらず、「自殺者が出た家」という事故物件とされ、これにより土地や家の価値が下がってしまうという自体になります。

これは部屋でなくても、どこかの山や公園でも一緒です。
土地、山、などは個人や会社が持っていることもありますが、国有地というものがあります。
国有地であれば、国に負担をかけることになりますが、特定のだれかに迷惑をかけるよりもまだ気が楽かもしれません。
またその中でもできるだけ汚れないよう、早めに見つかる方法を考えておくのが良いかと思います。
死体が見つかるまでの期間が短ければ死体を見た人の精神的なショックも少なくなります。

このいかに自分の死体を早く見つけてもらうのか、ということに関してはいずれ記事を作成したいと思いますが、知り合いの誰かに予約メールを送る方法などがあるのかなと考えています。


▽PR


自殺未遂4回目

名前: 自殺未遂4回目ww
時間: 2017年02月13日09:04

内容: めでたく自殺未遂4回目でーすw
自殺未遂、多い人で何回あんの?
やっぱり何回も準備中に人に見つかったり縄が切れたりっておかしいよね?
てか、似たような体験した人っているー?

△回答(2018年03月02日 02:25):1年程、返答ができず申し訳ありませんでした。
元々成功すると死んでしまう自殺は、成功させる方法を検証することが非常に難しく、様々な情報を集めるしかないのが現状です。

これらのサイトでも切れて失敗した、という書き込みはあります。
外部リンク:ヤフー知恵袋1
外部リンク:ヤフー知恵袋2
外部リンク:おもちちゃんねる

もっとも多い自殺失敗回数はどの位かはわかりませんが、自殺実行が4回目という方はこのサイトの書き込みを見る限り多いと思います。

失神による痙攣なのか、無意識に生きようとしているのかはわかりませんが、体を動かしてしまったり暴れることで紐がちぎれてしまう様です。
なので「自殺することもできないのか」ということを考えてしまいがちですが、そんなことはありません。
むしろ自殺に成功した人でも数回の失敗はよくあることだと考えています。

その失敗で生きようと思う人もいれば、もう一度…と自殺をしようとする人もいます。
何度も何度も繰り返すうちに、自殺したいと思っているほどの悩みや辛さが軽減されることがあれば良いのですが、なかなかそうはうまくいかないのが実情です。

自殺未遂した自分を発見した人が、自殺しているほど苦しんでいるんだと気づいて悩みの相談に乗ってくれて辛さが軽減する場合もあると思います。
ですでに自殺を考えている時点で、周りの人には相談できないか、相談してもなかなか悩みの解決につながらないのかとも思います。
苦しさから逃れるには、自殺を成功させる意外には悩みの解決方法を見つけるしかないのかもしれません。


薬の過剰摂取で死ねなかった

名前: おかもと
時間: 2017年02月03日03:51

内容: 自殺を薬の過剰摂取で実行しました、
ただ彼女に見つかり死ねませんでした。
彼女は今も僕を心配していつも側にいます。
ただ自殺への思いは変われません、彼女への裏切りは辛いです、彼女にどういう対応をすればいいのか、別れるのか、迷っています。
身近な人のことは自殺の際に皆さんどう考えているのでしょうか。

△回答(2018年01月21日 23:55):1年ほど期間が経ってしまい、申し訳ありませんでした。
おかもとさんは、自分のことを想ってくれる人がいるのですね。

恋人だけでなく、家族や友人など、自殺を考えた時に頭に浮かぶ相手というのはほとんどの方がいると思います。

恋人と別れるかどうかについては、どちらが良いということはないと思います。
別れた直後に相手が自殺したことを知った場合は、別れたとしても付き合っている時と同じ様な気持ちに相手はなってしまうからです。

身近な人のことをどう考えているのか、これは人によってケースは色々あると思います。
自殺決行を考える時点で「自分に余裕がなくなっている」という状態ですので、自分の死後の周囲の人のことを考える余裕もなくなっている方も多いのではないでしょうか。

私の知っているケースでは、同棲している恋人のためにすべて貯金を下ろして「今後かかる費用はこれで賄って」といった書き置きとすべてのお金を用意していたというのがありました。
その人はパソコンのすべても消去し、捨てるものはすべて捨てて、準備は完全にして自殺実行したのです。

ですが突発的な自殺願望からの実行ですと準備は難しいですし、準備をしていてもそもそも周囲の人を考える余裕がなければ何もせず実行することもよくあることです。

もし余裕があればですが、やはり大切な人であれば「あなたのせいではない」といったことを伝えるのがよいのかなと思います。
大切な人への感謝の気持ちと、大切に思っているけれどもそれ以上に何が辛くて自殺をすることにしたのか、こうした内容を遺書として残すことが、残された人にできる精一杯のことではないでしょうか。


受け入れてくれる人がいない


名前: 死に損ない
時間: 2017年01月30日08:07
内容: この歳になって水商売を6年続けてきたけれどもう他に就職出来るところも無いし愛猫が死んだらちゃんと火葬してその骨を抱きながら死にたい。

母親とおばあちゃんは大好きだけど私なんて生きてても非生産消費するしかない人間なんていらないし、実の兄に性的行為を迫られて未遂に終わったけど気持ち悪い。
思い出しただけでも今すぐに死にたい

リストカットで自殺を図ったけど次男に見つかりそのまま病院に運ばれ未遂に終わった。

母親には「死に損ないが」と一言いただきました

誰も私を受け入れてくれる人がいない
当時付き合ってた男に、この人なら受け入れてもらえると思い兄に性的行為を迫られたた事を告白しても「そんなのただスキンシップとりたかっただけじゃないの?それより今からセックスしようと思ってたのに」

なんでそんな事言えるの?
気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い

愛猫が死んで全て終わって決行する時にまたここに来ます。
すぐに死んでほしくないけど生き物にはやっぱり寿命があるから仕方がない

今の私には愛猫が私の人生そのもの
愛猫の寿命が私の寿命

△回答(2018年01月19日 23:11):大変返答が遅くなってしまい、申し訳ありません。

死に損ない様はものすごい大変な人生を送ってきたのだと思われます。

返信までにおおよそ1年位たってしまいましたが、現在は死に損ないさんと愛猫さんはいかがでしょうか?
少しでも楽しめる時間が増えていればと思います。

理解してくれる方が周りに少ない状況かとお察しします。
そんな中必死に生きていて、とても苦しんでいることが伝わります。

”この歳になって水商売を6年続けてきたけれどもう他に就職出来るところも無いし”
とありますが、私は同じ仕事を6年続けているのは立派だと思います。
精神的にしんどいと感じることのある仕事かもしれませんが、お客相手の仕事をしているというのは、立派な「接客業」ではないでしょうか。
今後別の仕事を考えているのであれば、6年接客を続けてきたと自信を持って大丈夫です。

非生産消費と言っていますが、きっと何かしら服、化粧品、食事などにお金を使っていると思います。
相手を喜ばせてお金を稼ぎ、また別のお店で消費する。
これは立派に経済をまわしている生産者であると私は考えます。

死に損ないさんからの内容をみる限り、苦しんでいるなかでちゃんと生きている人だと感じます。
家族とはあまりうまくいっていないようなので、距離を置くのがよさそうですね。
愛するペットと一緒に過ごし、少しでも苦しさから逃れることができればと祈るばかりです。

自分の思っている辛さは溜め込まずにどんどん吐き出していきましょう。
少しでもやるせない今の心境のはけ口になれれば幸いです。


▽PR

リストカット自殺


障害に気づいて少し楽になった

名前: ゆきりん
時間: 2017年01月24日01:25
内容: このサイトを知って、
自分だけでなくたくさんの人が苦しい思いをしているのだと感じました。
私は、ほぼ間違いなくADHDか、受動型のアスペルガー症候群です。
病院で診断された訳では無いですが、
何かの広告を見て、そこからADHDなどの発達障害を知り、
調べてみると、ほとんどの項目が自分に当てはまりました。
今まで皆と同じように簡単なことが出来なかったり、
こだわりが強すぎたりしたのは、親のしつけが悪いわけでもなく自分の
頭がおかしいわけでも無く、この障害があったからなんだと気付き、苦しさから少し解放されました。

私はアルバイトをしています。
どれだけ慎重に、気をつけてやっていても、少し忙しくなれば卓番を間違えます。
怒られると余計に緊張してしまい、顔が無表情になりまたミスして、怒られる…の繰り返しです。
言葉も、このように文章にすれば自分の思っていることを外にだせるのに、
自ら話して説明をしたり、コミュニケーションを直接とるとなると、
全く言葉が頭から出てこず、話そうとした単語ですら口に出す前に忘れてしまいます。
モノを数えるのも苦手です。
声に出して数えても、今どこまで数えていたのかが分からなくなり、集中できず数えられません。

皆にとって、説明したり何かを数えたりすることは、とても簡単な事だと思います。
それなのに、なぜみんなにはあんな簡単に出来て、私には出来ないのか。
この様な思いが、私には物心ついた時からありました。

そのせいで社会に触れたり、集団の中にいると、とても劣等感を感じます。

仕事をしても、自分ではやっているつもりでも出来ていなかったり、
気付かなかったりすることが多く、その上説明も出来ないので、
バカにされたり嫌味を言われたりします。
ですが、何回教えられても出来ないバカに嫌味を言ったりするのは間違ってないと思います。
ふつうの人からすれば、簡単なことなのに、出来ないことがおかしいからです。

前まではバカにされたりするのがすごく悔しく、
私の本当の気持ちやその行動についての理由も最後まで聞いてくれないことばかりで悲しかったですし、
何よりも「出来ない」自分に腹が立ち、周りと比べて圧倒的に社会への適応能力の低さが身に染みて、
とても辛かったです。

こんなにも誰も私のことを理解しようとしてくれない世界に居ても苦しいだけ。
死んで全て終わりにした方がマシだと思っていました。

でも今、私はこんなにバカで出来ない自分でも受け入れてくれる人を見つけました。
その人は私のことを理解してくれるし、気持ちも最後まで絶対に聞いてくれます。
その人は集団行動など群れるのが嫌いだったらしく、
幼少期の話を聞いていると、軽度の自閉症だったのではないかと思います。
(今では頭は賢く仕事もできます。)

その人は私が発達障害だと気づいていると思います。
よく、「○○は俺と同じで普通の人じゃないからな、しんどいこともいっぱいあるよな。」と言っています。

この人がいなければ、私は今この世界にはいないと思います。

でも、今まで世間や社会というものに傷つけられたり、
バカにされ陰口を叩かれた傷は、ずっと癒えずに残っています。
生きているのが辛くなります。

こんな良い人に巡り会えて、自分のことを引き上げてくれるような存在がそばにいるのに、
その人にさえ迷惑をかけてしまうと、死のうかと本気で考えます。
正直私が生きている意味がわからないです。
自分が欠陥品な為に、周りに迷惑をかけてストレスの種になるんだ思うと、
生きていること自体が悪く思います。
早くこの世界から消えてしまいたいです。
死ぬ機会があれば誰にも迷惑をかけずにひっそりと死にたいです。

長々と余計なことまで話してしまい失礼しました。

△回答(2017年09月08日 04:55):
半年以上も期間が空いてしまい申し訳ありません。

発達障害であることを気づけずに悩んでいるという方は多いと思います。
自分がそうだと認識できない場合、
ゆきりんさんの様に周りから「あなたは仕事(勉強)ができない」と言われてしまうこととなり、
大変辛い思いをしてしまうことになると思います。
書かれていた内容からは、今まで非常に辛い思いをしてきたのだと言うことが伝わります。

そんな辛い思いを受けてきたゆきりんさんが、良い相手に巡り会えた、
理解してくれる人が現れたというのは本当に良かったです。
この返答を記載している2017年9月現在でもその相手とは続いているのでしょうか。

その相手に迷惑をかけてしまうのでは、と悩んでいるようですが、
もっとゆきりんさん自身の良い部分を見つけることができ、
自分に自信をつけることができれば変わっていく様な気がします。
現在は高校を卒業しているかと思います。
現在仕事や大学で辛い思いをしていないか心配ですが、高校までの辛い思いというのは、
その後の生活で良い想い出や記憶をたくさん積み上げていくことで薄らいでいくと思っています。

管理人も家庭環境が他人と異なり、
学生の頃はとにかく「生きているのが嫌だ」、「家を出たい」、
「生まれてこなければ良かった」と毎日考えていました。
今でも知人との会話で家族に関しての話が出たり、
親の持っていた病気のことをテレビでやっていたりすると
何をどうしていいかわからない苦しくなる時があります。
ですが、今は家族と連絡を取らないことで、普段は忘れていることができます。

ゆきりんさんは長い文章でありながら伝えたいことがわかりますし、
きっとじっくりと何度も文章を考え直して記載していただいたのだと思います。

欠陥品などではないです。
ただ、現在の日本での生活がゆきりんさんが生きるうえで
やりづらいシステムになってしまっているだけなんです。

じっくりと時間をかけて拘ることができ、失敗をしても影響が少なく怒られない仕事であれば、
苦しさは減っていくと思います。
そのような仕事場に入ることができ、日々新しい想い出をたくさんつくっていくことができればいいですね。


自分が死ぬべきかわからない

名前: ヤマダ
時間: 2017年1月3日19:57
内容: 何回もこのサイトをみて自分は死ぬべきなのか、まだ人間をやるべきなのか回答がでない。
仕事をしてもいつも人間関係で辞める。既に数えきれない。
またやる気を出してやるが繰り返し。
負の資産がないうちに死んだ方がいいのは明らか。
まともに生きると人生後悔ばかり。
死んでから関係ないなら、生きてる時から関係ないでいてもらいたいが、必死こいて咳払いをする奴が生きてる限り、ストレスは無くならない。
何回も仕事を替え住まいを変えて生きてきたが、生きる気力がもうない。
迷惑かけず100%死ねる方法があれぱ即やっている。
体ももうボロボロ。
じっとしているのも辛い。部屋にさえいられない。わざわざ部屋の前で咳払いで自己主張するのがいるから。
とにかく行動をチェックされている。
ご近所の立派な方々は関係ないのに必死だ。
体臭やらなにやらで迷惑かけているかららしい。
以上から生きててももう仕事もなくなり、楽しみなんて何もないから死んだ方が楽。
100%死ねる方法探すのみ。

△回答(2017年3月19日 20:37):
返信が遅くなり申し訳ありません。
ヤマダさんも生きていること自体が辛いようですね。
仕事は人間関係を保たなければいけない所が多いので、
チェックされていたり咳払いをしてくる人達ばかりなのであれば
とても人間関係を保つことは難しいので、
日々辛い思いをしているかと思います。

ここからの文章はヤマダさんが読むととても苛立ちを覚えるかもしれません。
ですが管理人の体験談や知識を交えて、
ヤマダさんの解決につながるのではないかということから記載させていただきます。

自分の母は統合失調症であった様です。
あった様、というのは母が自分で「自分はそんなことはない」と言い病院にもいかず、
家族が連れて行こうとしても逃げてしまい
診察をすることもままならなかったためです。
その家から逃げて、自分は後で統合失調症という病気について知りました。

その母とヤマダさんの言っている内容がとても似ている気がしています。
ヤマダさんが統合失調症であるとは限りませんが、
その可能性が少なからずあると自分は思います。

外部リンク:統合失調症|2.どのような症状ですか?

このサイトは統合失調症について支援をしていると思われるサイトですが、
ページの【幻覚】という項目に

実際には起こっていないことを、現実的な感覚として知覚してしまうことです。
まわりに話している人がいないのに誰かの声が聞こえてくるといった「幻聴」がもっとも多く、
ご本人の行動や思考に批判的な内容が多いため、その後の行動にも影響してきます。
また、実際には存在しないものが見えたり(幻視)、臭ったり(幻嗅)、感じたり(幻触)する場合もあります。

という内容が記載されています。
自分が思うにヤマダさんは幻聴、幻覚で今の苦しみがあるのではないかと思います。
「絶対に違う」と思うかもしれませんが、
病院にいくことでもしかしたら救われるかもしれません。
自殺をするということは死んでしまうということですので
最後に色々あがいてみることのがよいと自分は思います。

統合失調症であったなら日々の苦しさが少しでも減りますし
統合失調症ではない、ということであれば
やはり自分がダメな人間だったんだ、と認識できていさぎよく自殺できるかもしれません。

かなりご連絡いただいてから日数がすぎてしまってから
このようなことを書いても遅かったかもしれませんが…


楽に死ねる方法はないんだ

名前: あさき
時間: 2016年12月11日 19:36
内容: 確実に死ねる方法はないんだと分かりました
電車に飛び込む以外はです

電車には飛び込みたくないので…

失敗だけはしたくないので
今確実な方法の準備をしています
整うかどうか分かりませんが

準備が整ったら報告します

色々情報を載せていただいて
ありがとうございました

△回答(2016年12月 19日 23:00):
回答が遅くなってしまいました。申し訳ありません。
現在まだ報告が来ていないということは、準備は整っていないということなのでしょうかね…
「確実に死にたい」というのは自殺願望者の永遠のテーマなのかしれませんね。

ですが100%確実な方法というのはなかなかないと思います。
どのような方法でも少なからず失敗する可能性があるからです。
電車への飛び込みであっても、失敗して中途半端になってしまえば死なずに生きていることもあるでしょう。
ぶつかりながらも失敗してしまえば体に障害が残ってしまうかと思いますし、できればそうなりたくないという気持ちはわかります。
もちろん、飛び込む勇気があれば失敗することは少なそうですが。
あさきさんにとって自殺することが最大の解決方法なのか、それとも実は自殺をするべきではない人間なのかは自分はあさきさんの詳細を知らないためわかりませんが、色々と苦しいことがあったのかと想像します。
このサイトの情報が役に立ったのであれば何よりです。
まだまだ不十分なところがあるかとは思いますが、少しでも楽になることの手助けができたのであれば幸いです。

失敗した、自殺できなかった、誰かに思い留められた、などなど何かしらの理由で生還したのであればまたご連絡いただければと思います。
しばらく返信等できていませんでしたが、返信は遅くなるかもしれませんが、自分はいただいた内容は確認するようにします。


リストカットを深くするには?

名前: リストカット
時間: 2016年12月10日12:55
内容: どーやったら、リストカット深くできる?

△回答(2016年12月14日 21:18):
どうやったら深く…と思っているのであれば、すでに何度か行っているのでしょうか。
まずこの問い合わせにはあまり良い返答ができません。
自分自身で傷をつけることは体が無意識にセーブしてしまうため、なかなか難しいようです。
これは参考が少ないのであくまで個人的な予想ではあるのですが、泥酔状態であったり薬を飲んでいたりと、「いつもとは違う意識がはっきりしていない状態」だと深く傷つけることができるかもしれません。

リストカットは「自分で自分に致死傷を与える」というのが他の方法とは大きく異なる点です。
無意識に働く防衛機能で傷が浅くなってしまいます。
そのためリストカットは死に至りにくい方法のようです。

どちらかというと死ぬつもりでやるよりは、「私は自殺しようとしているんだぞ」と周りに見てほしい時にやる、という方法のようです。

注意点として、リストカットは体に傷が残りやすくその傷が消えにくいです。
(すでに何度もやっているのであればわかっていることかとは思いますが…)
当然他の方法でも体に大きなダメージを与えてしまったのであれば後遺症は残りますが、リストカットは他の方法に比べると「実行する」ことの敷居が低いようにも思います。

▼参考画像
外部リンク:yahoo知恵袋その1
外部リンク:yahoo知恵袋その2

自傷行為というのはリストカットだけではなくかきむしる、つねるなどいった行動と同じで癖になってしまいがちです。
掻く、つねるであればそこまで体に傷は残りませんがリストカットは目立つ位置に傷が残ります。癖になって何度も行っているうちに体の傷がどんどん増えていきます。
過去にリストカットを行い、残ってしまっている傷跡を隠すために苦慮している方は多い様ですね。
リストバンドなどで隠すことはできますが、お風呂などでは難しいです。
ただ精神的に安定しなくなってくるとリストカットをして自分の血を見ることでやっと落ち着く…ということあり、自分の傷を見ることで精神が安定できる数少ない心のよりどころになっている方もいるでしょう。

一度ハマッてしまうと抜け出すのは難しい方法であり、自分を安定させるための手段と割り切って付き合っていくのがよいのではないかと思います。

リストカットで「深く傷をつけて死ぬ」とは考えないほうが良いのでは、(そもそも難しいので…)という返答になりますね…。


▽PR



自殺の後悔とは

名前: 匿名
時間: 2016年12月04日 0:54
内容: よく自殺に関して「後悔する」とありますが、具体的にはどのような「後悔」なのでしょうか?
私には「あれがやりたい」などといった感情はなく、「あの人と話したい」などといった感情もありません。
是非こちらのサイト様の意見を聞きたいです。

△回答(2016年12月06日 21:45):
人によって色々だと思いますが、大きく分けて後悔があって自殺をするという人と、自殺をしたことを後悔している人とあるのではないでしょうか。

自殺前に思うのであれば、何か過去で失敗したと思うことがあり、「自分の人生の生き方」などを後悔しているかもしれません。
あの時こうしていれば今の自分はなかった、もっと良い人生を送ることができていたはずだと考える人は多いかと思います。
ただ自殺を実際に行おうとする段階であればそのようなことすら考えている余裕はないでしょう。
とにかく楽になりたい、もしくはとにかく辛いということばかりで頭がいっぱいになるのが自殺実行する段階の心理でないかと思っています。

自殺未遂をして生還した方であれば、ちゃんと死ねなかったという「自殺行為が不完全であった」ことの後悔。
傷や後遺症が残ってしまった方であれば特にその方法に後悔していることでしょう。
後遺症が残ってしまったために今までとは生活が変わり再度自殺をしようという人も少なくないと思います。

自殺未遂したことで周りからの視線が変わってしまった(あの人、自殺未遂したんだぜ…と影で言われる等)という人や生きてて良かったと考える人であれば、「自殺行為をしたこと」自体を後悔しているのではないでしょうか。
なぜ自殺なんか考えたのか、こんなことをしなければ良かった…というのは生きててよかったという話ではよく聞く内容ですね。


大丈夫なベルトが切れてしまった

名前: 死に損ない
時間: 2016年12月1日 15:36
内容: 今日の午前中自殺を図りました。方法は非定型の首吊りでサイトを見て割りと準備をしてやりました。
結果は大分丈夫なベルトだったんですが切れていました。
まず首にベルトをかけたことは覚えてますがあとのことは覚えていません。
目が覚めたときは部屋の風景が見えましたが体が動かなく死んだのかなって思いました。
そして少ししたら手が動いてなんとか立とうとしましたが立てなく暫くすると首が動きました。
そして、上を見るとベルトが切れていました。
そこから急に息を大きく吸い込み泣きました仕事中の親にもメールをして泣きながらまっていました。
そこから親に殴られたなどありましたがなんとか生きてます。
4時間ほどたって思い返してもあのときの泣いてた理由が死ねなかったからなのか自殺に対する後悔なのか分からないままです。
気絶してから10分ほどたってましたが切れたのはもっと早い段階だと思います。
今のところ目眩と吐きけがするくらいです

△回答(2016年12月 2日 23:07):
まずはおかえりなさいませ。
ベルトや紐等が切れてしまうということは多いみたいですね。
自分の体重のほとんどが紐などにかかるというだけではなく、無意識に暴れたり、ほどこうとするために発生する様です。

泣くというのも自殺未遂では割とあるみたいです。
▽参考
外部サイト:http://estorypost.com/world/reddit-what-did-you-do-on-last-day/
このサイトのタクシー運転手、ハチドリの話がそうですね。
そもそも「自殺を考える」ことと「自殺行為を実行する」ことには大きく壁がある気がします。

1.自殺を考える
2.自殺の準備をする
3.自殺実行

この3段階があり、少し気が弱くなっている程度の状態でみ2の段階まで割りと行きます。
ですが3の段階の自殺実行は、かなり精神的に追い詰められていないとできません。
精神的に追い詰められている状態から「えいっ」と実行するということはも覚悟を決めているため感情がかなり高ぶっている状態であると思われます。
なので通常泣く際の感情である「悲しい」「嬉しい」「悔しい」などといったようなものではなく、「感情が異常な状態になっている」ために起こっている現象なのかもしれないですね。

首吊りは早めに生還すれば具合はしばらく悪いものの、体の状態としては今まで通りになることが多い様です。ただ生還が遅ければ半身麻痺になることがあるようなので、注意が必要です。

状況がわからないので、生還したことが良いことか悪いことかわかりませんが、今はまたゆっくりしておくと良いでしょう。
「そういえば自殺未遂なんてしたな…」なんて軽く言える日が来るかもしれません。


もっと絵が描きたかった

名前: 誰でもいいので助けて
時間: 2016年11月25日 15:32
内容: 2chを見てたら猫が来つ乗っかりサイトにに入り59800円払うことになりました
14歳なので通報すると言われてしまい取り合ってももらえづもう両親に迷惑かけるなら死のうと思います
管理人さんにこんなことを言っても迷惑ですがなんとかならないでしょうか
自殺法はどうしましょうか
テスト勉強に2chした罰でしょうか
管理人さんすみませんこんなコメントを送ってしまって
ですがこのサイトに Γ勉強が出来ないから、頭が悪いから死のう」と思っているひとが来たら、いたら止めてあげてください。
私のような人を作らないでくださいお願いします もっと絵が描きたかったです。これからもサイトの管理人頑張ってくださいお願いします(=`ェ´=)

△回答( 2016年11月27日 4:00):
すみません。最初の意味が私の知識ではよくわかりませんが、
猫がPCに乗って何か有料サイトに入ってしまったということでしょうか。それであれば支払う必要はないです。
通報するとのことですが、相手はあなたの情報がなければ通報することもできません。
そもそもどこになんと言って通報するのかわかりませんが…
それとも同人関係のサイトを運営していて、
自分のサイトを誰かが「私のつくったものだ」と騙る手口のことでしょうか。
おそらく絵を描いているとのことからこちらのことかと思われるのですが、
サイトから自分のツイッターへのリンクを貼っておく、描いた絵に自分のツイッターのアカウント名を入れておく、
などしてはいかがでしょうか。
あなたの絵を知っている方からしたら偽者はすぐにわかるかと思います。
あまり深く考えすぎてしまうことで死にたいという気持ちが強くなってしまうことがあるので、
「なんか適当なこと言ってるな、この人は…」位の軽い感じで考えることが大切です。

また自殺することに対して止めてくださいとありますが、
私は問題解決に向けて「こうしてはどうか」ということの提案や、
サイト内でこのような方法があるというを提示はしますが、自殺を止めることも薦めることもしません。
最終的にどうするかということは自分自身で考えるべきことだと思うからです。


次のコメント返答ページを見る
サイトへの問い合わせ回答2

▼自殺方法をまとめたページはこちら
自殺方法別まとめ


▼解決方法についてまとめたページはこちら
自殺方法別の解決方法