ヘリウムガス自殺について

最近では、色々な自殺方法があり、
その中にはヘリウムガス自殺というのもありました。
昔にはこれはなかったものですので、
管理人の私がサイトを更新する際にたまに参考にしている、
完全自殺マニュアルという本にも載っていない自殺の方法です。

ただ、このページではヘリウムガスでの方法を記載しているわけではなく、
「なぜヘリウムガスで自殺できるのか?」ということを解説しているにとどまっています。
ヘリウムガスでの自殺は初めて聞いた時、とても簡単に自殺することができる!…と思いました。

ですが、結論としては準備が大変な方法である、と思いました。


なぜヘリウムガスで死ねるのか

ヘリウムガス自体が体に害があるわけではありません。
ではどうやって死ぬのか?というところが疑問になるわけですが、
ヘリウムガス自殺の死因というのは「酸欠」です。

つまり、人間が生きるのに必要な酸素を摂取せず、
酸素を含まない気体だけにすることにより、酸素欠乏症で死ぬということです。
ただ酸欠だと「苦しい」というイメージがありますが、
なぜヘリウムガスだと苦しさが少ないと言われているか。
それは、人間の呼吸に理由があります。

一般的に酸欠となる状態であれば二酸化炭素の濃度が高くなります。
これは人間が呼吸で行っている、
「酸素から養分をとって二酸化炭素をはき出す」という現象のためです。
▽参考ページ
外部リンク(PDF):動物はなぜ呼吸で二酸化炭素をはき出すの

つまり、通常の酸素がある袋をかぶった状態で二酸化炭素をはき出すと
二酸化炭素濃度が濃くなり苦しくなります。
二酸化炭素が多いと苦しい
上記の図のように通常の様に袋をかぶったままでは
中の酸素を吸って二酸化炭素を出します。
袋をかぶって苦しむというのは
これは厳密には酸欠ではなく、「二酸化炭素中毒」で苦しむ、ということです。
▽参考ページ
外部リンク:二酸化炭素(炭酸ガス)の中毒性について

ですが、かぶった袋の中がヘリウムガスのみで酸素がなければ
呼吸で二酸化炭素を出すことがありません。
そのため、二酸化炭素中毒にはならずに苦しまずに酸欠となります。
ヘリウムガス自殺は酸欠を利用
ヘリウムガス自殺は二酸化炭素中毒ではなく、酸欠での死亡なのです。
中毒ではないので苦しみはありません。
ただ、酸素が残っているのであれば、中途半端な酸欠となり
苦しんでしまうので注意が必要です。


ヘリウムガス以外では自殺できるか?

同じように二酸化炭素を出さずに酸欠であれば、
ヘリウムガスではなくても自殺できるでしょう。

ただ、酸素がない状態を維持するためには顔全体を覆う必要があります。
そして人間の構造上袋は上から被る方が袋が小さくて済みます。
袋は上から被る方が面積が小さくて済む

袋を上から被るということは袋の口が下にないといけません。
ヘリウムガスというのは空気よりも軽いため、
袋の口が下にあるのであればヘリウムガスが逃げにくいのです。
袋の口が下ならヘリウムガスが逃げにくい

こうしたことからヘリウムガスが自殺をするのに良い気体であるための条件が揃っているのです。


ヘリウムガスの自殺は準備が大変

ヘリウムガスは自殺をするのに良い条件が揃っていると記載しましたが、
酸欠状態を維持するためには少々準備が大変です。
ヘリウムガスは維持が大変です。

ヘリウムガスが入っている袋をかぶりつづけなければいけないのです。
しかも袋の中は酸素をなくしヘリウムガスのみでなければいけません。
また意識がなくなった状態で気絶失敗した場合、
袋が敗れてしまえば中途半端な失敗となるのですが、
その状態では人間に必要な酸素を摂取できていないために後遺症が残ることがあります。

軽いとはいえ空気が入らないようにしなければいけないので
伸縮性のあるバンドやゴムなどで口を抑えるようにしなければいけませんし、
またヘリウムガスも相当量を購入する必要があります。

▽金額参考ページ
PR:ヘリウムガスを楽天で検索

声が変わるヘリウムガスは安全性のため酸素が入っているそうですし、量は少ないです。
バルーン用のヘリウムガスを利用する必要があるのですが
そこそこいい値段がします。

しっかりと逃げないような対策とヘリウムガスの購入金額が必要になってきます。

今回のこのページでは具体的な方法まで記載できませんでしたが、
またまとめる時間があれば新たに作成したいと思います。