自殺方法別まとめ

自殺の方法をさまざままとめていますが、楽に死ぬ方法がないか個人的に研究した内容ですので、必ずしも記載のように自殺ができるとは限りませんし、情報は不十分です。また、一度本当に現在の辛さを解決できる状況がないかを確認してみてください。
自殺をするな、というつもりはありませんが、現状を解決できる方法を知らないだけかもしれません。
またどのような考えでこのサイトを運営しているかはサイトのTOPに記載しています。
解決方法はこちら(まだ不十分ですが):自殺理由別、解決方法
TOPへ:このサイトについて
つらい気持ちの相談先(外部リンク):よりそいチャット(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター)

▼自殺した遺族の気持ち
(自殺をする前に、一度読んでおいてみてください。)

▼つらい気持ちの相談先
外部リンク:よりそいチャット(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター)


あなたが死にたい時はどの自殺方法にしますか

死にたい時にはどの自殺の方法がいいのか

首吊り自殺

▼苦しさ
首吊り自殺はもっとも多く選ばれている方法です。
完全自殺マニュアルでも、この自殺が一番苦しむことがなく、すぐに死ねるということで選ばれていました。
ですが、実際には嘔吐反射という苦しさがあるという話があります。
これについてはまだよくわかっていませんが、気管を塞ぐ苦しみか、もしかすると「死ぬことへの恐怖」というのもあるのかもしれません。

▼未遂の場合
苦しくてすぐに解いた場合には未遂で後遺症は残りにくいですが、脳に血がいかない状態が続いてから死に至る前に発見された場合、かなりの後遺症が残ることがあります。

▼時間
ただそれでも数十秒で死ねるということで我慢する時間は他の方法よりも
短くて良いのではないでしょうか。

▼迷惑度
基本的に誰か巻き込むということはないので、第一発見者を誰にするか位で迷惑度は変わってくるという感じです。

▼身体の見苦しさ
死後すぐに見つかれば、そこまで見苦しくないようです。失禁などをしてしまうことがあります。
それは他の方法でも一緒ですが、ぶら下がっているとやはり体の中のものは下にいきやすくなります。

▼このサイトの関連ページ

▼関連ニュース

硫化水素自殺

▼苦しさ
硫化水素自殺は、ある致死量になれば一瞬で気絶するという話があります。
一瞬で死ねれば苦しくないでしょうが、失敗してしまうと苦しさはかなり大きいです。

▼未遂の場合
致死量に至らずに未遂となった場合、体に毒素がまわっている状態なのでかなり危険な状態になります。
植物状態になるという事例もあるようです。

▼時間
量によりますが、ちゃんとした量を用意していれば一瞬で気絶するようです。

▼迷惑度
硫化水素は遺体を運び出す人や発見者を巻き添えにしてしまう可能性があります。
張り紙が必須とされていますが、搬出の際に消防を呼んだりし、場合によってはアパート住人避難などとなることがあります。

▼身体の見苦しさ
体内に毒素がまわるために時間が経ってしまうと色が変わったり、斑点が出てきたりするようです。

▼このサイトの関連ページ

▼関連ニュース

睡眠薬自殺

▼苦しさ
眠りながら死ぬために苦しさはどの方法よりも一番楽でしょう。
ですが致死量の睡眠薬を用意するのが難しいという点があります。

▼未遂の場合
更に失敗してしまうと胃洗浄などでかなり大変なことになります。
胃洗浄などがちゃんとされれば後遺症も残りにくい様です。

▼時間
完全自殺マニュアルでは最低8時間とありましたが、やはり1日程度はあった方が確実性があがるでしょう。

▼迷惑度
他の方法に比べて、遺体の見苦しさや搬出時の退避などがほとんどないため、一番迷惑度は少ないといえるでしょう。

▼身体の見苦しさ
見苦しさは寝ている様な感じなので全くないと考えてよいでしょう。
他と同様ですが、発見までに時間がかかれば腐敗などで見苦しくなってしまいます。
発見までに時間がほしいため、うまく死んでから早めに発見されるのがちょっとバランスが難しいかもしれません。

▼このサイトの関連ページ

▼関連ニュース

  • 睡眠薬自殺の関連ニュースはまだ見つけていません。

一酸化炭素自殺(練炭、排気ガス、都市ガス)

▼苦しさ
一酸化炭素はその方法が様々あり、多い方法としては車の排気ガスと練炭の自殺があります。どちらも、眠るように苦しまずに死ねることができるのではと考えられています。

▼時間
一酸化炭素の血中濃度が70%ほどになれば死に至るようですが、どれほどの時間が必要なのかは調査中です。おそらくですが数時間はかかるのではないでしょうか。しかし換気がない密室状態を維持しなければいけず、死に至るまでの数時間、誰にも見つからずに密室状態を維持するのが大変です。そういう意味では練炭よりも自動車の排気ガスの方が、準備されできれば簡単なのかもしれません。

▼迷惑度
過去には自動車の排気ガスが全く関係のない部屋に侵入して別の人の命を奪ったケースがあります。しかし多くみられるケースではありません。周囲に影響を与えることは少ないですが、必ず部屋や密室内で死ぬことになるので、その部屋や車の持ち主に迷惑をかけてしまう、という点があります。

▼身体の見苦しさ
一酸化炭素で死んだ場合の身体がどのようになるかはまだ確認中ですが、衝突などでグチャグチャになることはないので、比較的きれいではあるはずです。

▼このサイトの関連ページ

▼関連ニュース

練炭自殺は楽に死ぬことができるかを考える

二酸化炭素中毒自殺

▼苦しさ
二酸化炭素中毒は、すぐに高濃度状態に入ることができれば意識を失うので苦しくありませんが、一気に高濃度の状態にすることが難しいでしょう。▼時間
二酸化炭素の割合によりますが、50%以上の状態であれば10分ほどで死にいたります。

▼迷惑度
成功する確実性は低めではありますが、周りに迷惑をかける可能性は非常に低いでしょう。

▼身体の見苦しさ
死後すぐに見つかれば身体の見苦しさはありません。
眠っているような状態となります。
ただ、時間が経つにつれ、死後の見苦しさは出てきます。

▼このサイトの関連ページ

▼関連ニュース

  • 関連ニュースは見つけていません。

飛び降り自殺

▼苦しさ
飛び降り自殺は、しっかりとコンクリートに頭から落ちれば一瞬で意識を失うので苦しさとしては少ないでしょう。
ですが失敗をした時にはかなりの苦痛を味わうこととなります。▼時間
時間は落ちるまでの数秒です。
しっかりと成功ができればすぐに死ぬことができます。

▼迷惑度
まれに下に人がいたり、車があったりすると巻き込んでしまいます。
その際、衝撃が吸収されてしまうと自分に賠償責任が来ることがあります。
自分が死んだ場合には残された家族に請求がきます。
また、身体がグチャグチャになった場合はそこを通りがかった人が見て気持ち悪くなってしまうこともあるでしょう。

▼身体の見苦しさ
高さにもよって異なります。
かなり高いところから落ちれば身体がいくつかに分散されたりグチャグチャになってしまいます。
ですがそれほど高さがなければ血を流す位でそこまで身体が変化することはありません。

▼このサイトの関連ページ

▼関連ニュース

飛び込み自殺

▼苦しさ
タイミングよく一瞬で死ねるように飛び込みすれば苦しさはほとんどないでしょう。しかし、一歩間違うと体が一部がなくなった状態で生き残ってしまったり、半身不随などの状態になってしまうことがあります。

▼時間
時間は飛び込む勇気をだせばほんの一瞬で死に至ります。成功すればですが。

▼迷惑度
もっとも迷惑をかけると考えられるのは電車を運転している方で、他にもその場にいる多くの方へトラウマを与えることになります。また、遺族への損害賠償はしっかりされているようで、弁護士への相談があるようです。しかし実際には自殺するほどの方から回収は難しく、遺族も相続放棄することで鉄道会社が泣き寝入りしている現状にはあるみたいです。

▼身体の見苦しさ
側面に触れたような感じであれば血を流すのみで済むこともありますが、かなりの衝撃を受けるためしっかり死ぬようにぶつかることで見ることすら辛いような状態になってしまいます。

▼このサイトの関連ページ

▼関連ニュース

凍死自殺

▼苦しさ
寒い地域でないと難しいですが、眠れることさえできれば苦しくはないでしょう。

▼未遂の場合
すぐに見つかって暖められた場合にはそれほど後遺症はないですが、中途半端に見つかってしまうと凍傷となり苦しくなるでしょう。
寒い地域や時期であれば他の方法よりも未遂率は低いでしょう。
ですが、地域や時期によってはなかなか難しい方法であるといえます。

▼時間
雪崩に巻き込まれ、発見まで4時間かかった後に回復した事例があります。
やはり丸一日はほしいところです。

▼迷惑度
おそらく、第3者に発見されることとなるのでその部分がネックになる位でしょうか。
巻き込むということはほとんどないでしょう。

▼身体の見苦しさ
冷蔵状態の様な状態になるので睡眠薬での自殺よりも死体も腐り辛いのでキレイでしょう。
ただ、おそらく見つかりにくい場所で自殺することとなるので数日経ってしまって腐敗する可能性もあります。

▼このサイトの関連ページ

▼関連ニュース

  • 凍死関連のニュースはまだ見つけていません。

薬物自殺

▼苦しさ
薬物自殺は身体に毒である薬物を飲んで自殺しますが、その毒が一瞬で気を失うものであればよいですが飲んだ直後は苦しみがあるでしょう。
ただ一気に飲んでしまえば苦しんで途中でやめて失敗するということもありません。

▼時間
薬物により異なりますが、早ければ数分で死に至るかと思います。
ですがそれだけ強い薬物を入手するのはなかなか難しいです。

▼迷惑度
気体となって周りに害を与えるようなものでなければ周りへの迷惑はあまりないでしょう。
ただし、化学薬品などを盗んだりすることでその管理者が管理責任に問われることはあります。

▼身体の見苦しさ
薬物によって異なりますが、やはり強いものであれば死後時間が経つにつれ身体に変化が起こる可能性があります。
ただ、すぐ見つかるのであればそこまで変化はないでしょう。

▼このサイトの関連ページ

▼関連ニュース

  • 関連ニュースはまだ見つけていません。

リストカット自殺

▼苦しさ
死ねるリストカットの時には、深くまで切るために痛みが強くあるのですが、死なない静脈のリストカットではあまり痛みがありません。
ですが死なずに生きた時、リストカット跡により場合によっては精神的な苦痛があるでしょう。

▼時間
動脈を切った場合にどの位で死ぬのかというのは割と個人差があるように思います。
1/3なくなれば死ぬことになりますが、場合によっては数時間かかることもあります。

▼迷惑度
周りが血の海になるというほどではないので、ある程度浴槽で行ったり大きなタオルの上で行うとそれほど周囲に被害は少ないでしょう。
ただし見つかれば病院に連れていかれるので、そのことを考慮しなければいけません。

▼身体の見苦しさ
血が出ているというインパクトはあるのですが、そこまで身体に変化はありません。
血の気が引いて多少青白くなくことはありますが飛び込みなどで身体がグチャグチャになるということはリストカットではないでしょう。

▼このサイトの関連ページ

▼関連ニュース

  • 関連ニュースは見つけていません。

ヘリウムガス自殺

▼苦しさ
しっかりと酸素がない状態でヘリウムガスのみの状態にできれば、苦しむ前に気絶、死亡します。

▼時間
(確認中のため未作成)

▼迷惑度
ヘリウムガス自体は無害ですので発見者や周りの人を巻き込むことがありません。
ただ、一見した際に「危険な気体が入っているかも!?」と思わせてしまうことがあるかもしれず、それで警察や発見者が周りの人を退避させることがあるかもしれません。

▼身体の見苦しさ
一般的な死亡の見苦しさ(体の腐敗、排出物等)はありますが早めに発見してもらえることができれば血や傷などがなく、しかも毒素も全くないので体は綺麗です。

▼このサイトの関連ページ

▼関連ニュース


サイト内のまとめ

  1. サイトを見て自殺を実行した方が、その前に残せる入力フォームです。
    自殺実行宣言フォーム
  2. ↑のフォームに残した記録の統計です。
    このサイトの自殺実行者統計
  3. 自殺を実行した方が、帰還後に残せるフォームです。
    戻ってきたよ連絡フォーム
  4. ↑のフォームに残した記録の統計です。
    このサイトの自殺実行後、帰還者統計
  5. ↑の記録の過去コメント部分だけを抜粋したものです。
    過去の自殺実行者、帰還者からのコメント一覧
  6. 管理人の独り言のページです。
    管理人の独り言(2018.08.30)
  7. サイトへの感想や連絡先です。
    コメント、感想や連絡等はこちらへ
  8. サイトに寄せられた連絡への返答は下記ページにまとめています。
    サイトへの問い合わせ回答(2018.12.01)
  9. サイトの更新記録です。
    サイトの更新履歴(2019.04.04)

▼つらい気持ちの相談先
外部リンク:よりそいチャット(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター)
※よりそいホットラインの運営団体です。

▼PR