いじめが辛くて自殺…と考えている方は

いじめを受けていて自殺を考えている方の場合、
自殺をしないで済むにはいじめというものをなくすしかありません。

いじめはケースによって状況が変わるので、「こうすれば必ず解決できる」とハッキリした答えがありません。
場合によっては自殺した方が良い、という方もいるでしょう。
ですがここではあえて、いじめが辛すぎて自殺をしたい位だ…という方に、
いじめを解決するためには?ということを考えてみます。
100%の方法とは限りませんが、
いじめ解決に繋がる方法をいくつか提示したいと思います。

あくまで、「これで解決できる人もいるかもしれない」という程度です。
管理人はいじめが簡単に解決するものであるとも思いませんし、
「これをすればいいよ」と軽いことを言うつもりもありません。

ですが、以下のことをしてみることで解決し、
自殺したいという気持ちがなくなることもあります。
場合によっては以下の方法で悪化することもあるかもしれませんので、
あくまで「解決に向けたいくつかの提案」という程度でご覧ください。
今現在、実際に虐められている人がいずれかの方法をやってみるかどうかというのは
本人の判断で行ってください。
どうするべきなのかは、実際に自分で考えてみましょう。

基本的にはいじめというのは人と自分が関わるために起こるものです。
なので、「虐めている人と離れる」か、
「虐めている人にやめさせる」の2通りしかありません。
ですが逆にどちらかができる可能性があるのであれば、
それは虐めを受けなくなる可能性があるということです。

ただじっと耐える

とても辛い方法ではありますが、
ある程度虐められる期限が決まっているのなら、
これもひとつの解決方法です。
例えば学校で虐められているのであれば卒業まで、
仕事場で虐められているのなら辞めるまで、ということです。
結婚して姑からの虐めがすごい、
または配偶者から虐めを受けているという場合には
期間が決まっているものではないので、
耐えるという道はかなり厳しいものとなります。
日々耐えていても、何処かでふっと限界がきてしまうと自殺することになります。

耐えることはとても辛いことなので
耐えることを選んだのであれば耐えやすくなることを考えましょう。
期間が決まっているのであればそれまでの日数を数えてみたり、
家に帰ってからとても楽しいと思える、
気持ちの切り替えられることをしてみたり。
「ここを乗り越えれば楽しいことがある」と思うことで、
我慢して次に進めることもあるのです。
ただこの方法は、「ある程度我慢できるいじめ」でないと
あまり効果がないと思います。

自分が強くなる

漫画などでよくあるパターンのようにも思えますが、
自分自身が強くなることで
いじめをしている相手に対抗できるようになれる人もいます。
主に学生に向いている方法でしょう。
柔道、剣道、空手…など武道系の部活や習いごとをして自分が強くなると、
ただ「ケンカで勝てるかもしれない」というだけでなく、
精神的にも強くなることが重要です。
多くの場合、こうした武道などで強くなりいじめられなくなったという方は、
「相手を負かした」ということではなくて
精神的に強くなりいじめに対抗できるようになり、
解決に繋がっています。
武道系の部活というのは自分がいざという時のケンカで強くなると思いがちですが、
それ以上に精神的にも強くなるもです。
ただこの欠点としては「体育会系の部活」というのは
上下関係がハッキリしている所も多く、
その部活や習い事内で更に年上にやられてしまう、
というデメリットもあります。

虐めをしている相手と離れる

この方法は学校では難しい場合が多く、
会社やサークルなどでしやすい方法です。
なぜなら自分がそこを辞めてしまえばいいからです。
特に仕事を辞める理由として、
いじめまでいかないでも「人間関係が嫌だから」ということが
退職の理由であるという人も多いです。
いじめてくる相手から離れてしまえば、
いじめに合わなくなることがほとんどです。
(場合によってはいじめてくる相手とまた会うこともあるかもしれませんが…)
学校に行っている方であれば転校、
もしくは登校拒否というのがこの方法へ繋がる選択肢です。
ただ簡単に転校できない場合も多く、
登校拒否も親に止められているのでできないという方もいるでしょう。

虐めをしている相手に復讐する

これは「自分が強くなる」ということに近いですが、
相手と会う日が続いてしまう場合に、
相手にいじめをやめさせる方法です。
復習するというのは聞こえが悪いかもしれませんが、
いじめで自殺したい位辛いのであれば、
これもまたひとつの方法と言えるでしょう。
いじめを受けている時にキレて相手を殴ってみるという方法もありますし、
こっそりとケンカの強い人に相談したり、
人によっては呪いなどをかけてみるということもあるでしょう。
うまくいけばいじめがなくなるのであればいいのですが、
場合によっては更にひどくなってしまうこともあるので注意が必要です。

どのような方法をとるのも自由ですし、
もしくは何も行動せずに今の現状のまま…というのもひとつの方法です。
思い切って今まで何も知らなかった親に相談したことで
解決するということもありますし、
理解してくれない親なので誰にも何も言わずに登校拒否や自殺未遂をし、
そこから変わった…という場合もあるでしょう。

いじめをされ続けているのであれば、
誰かが「えっ?」と思えるようなことをしてみることが解決につながりやすいのです。