いのちの電話

いのちの電話とは、
自殺を考えている人が話しを聞いてもらうためのサービスです。
悩み解決をしてくれるのではなく、
あくまで聞いてもらうというスタンスの様です。
誰にも話を聞いてもらえずに精神科にもいけないという状態の人が
利用するのがよいのではないでしょうか。
ただし、なかなか繋がらないのが実情です。
いのちの電話のサイトはこちら

いのちの電話

いのちの電話の相談担当者というのはボランティアであり、
また人によって大きく差があるそうです。
もし「気に入らない」という人にあたってしまった場合は
すぐに切って別の人を探しましょう。
(そうしてよい、と言われたとネットで書かれていました。)
また話を聞いてもらうだけですので
何か解決策を提示されることは基本的にはないという話です。

いのちの電話はなかなか繋がらない

いのちの電話は管理人は一度、15時頃と21時頃、
それぞれ6回ほどかけましたがつながりませんでした。
この時精神状態はとてもよくない状態で、
最初に勇気をかけて繋がらず、
何度か試してみてもダメで、逆に
「すがるようにかけたけど繋がらない」ということで余計不安定になりました…。
あまりにも弱っている時には
逆にまずいかもしれません。
いのちの電話は、多少まだ余裕がある状態で
かけてみて、「つながったらラッキー」程度に
考えておくのがよいでしょう…。

相談員になるのが厳しく、
またボランティアで仕事とは異なるために
なかなか相談員が増えないというのがいのちの電話の実情なのでしょう…。