借金で自殺する前に

PR:▼借金問題に専門特化!


借金で自殺をするという人は日本でもかなり多いです。

ですが、実は借金で自殺をするのは馬鹿らしいです。
もちろん、今現在自分が借金を抱えている人が
そんな自分が”馬鹿らしい”と思うことはないでしょう。
借金の苦しみというのは客観的に見れないほど大きな苦しみです。
ただ、借金というのは実は多くの解決方法があると思っています。

今まで借金で自殺をしたという人の多くは
単純に「解決方法を知らなかった」という人であるのです。
借金の場合、知識さえあればいくらでも生きていく方法はあります。

自殺をするということは全てを捨てること

自殺というのは全てを諦めるということです。
死後に自分の周りの人に、
自分が苦しんでいることを全て渡すことになります。

借金で自殺を考えている人はここがポイントです。
全てを誰かに渡すのであれば、
別に自分が死ぬ必要はありません。
夜逃げをすることだってできます。

借金で自殺する前に確認するべきこと

借金で自殺を考えているのであれば、
いくつか確認してもらいたいことがあります。
●借金の任意整理などはしたか?
●現在の家はもう住めないことが決まっているか?
●電気などのライフラインは停止するのか?

家賃や電気などのライフラインのお金を滞納しており、
今後も払える見込みがないこともあるでしょう。
ですがこれらのものは実は交渉をすることで繋がっていくことがあります。
その交渉はすでにしたでしょうか?

生活ができない場合

全てが止まってしまうのであれば、
その家を捨ててしまう(放棄して夜逃げする)ことも考えましょう。
夜逃げすると大家さんや管理会社に迷惑をかけてしまうかもしれません。
ですがそれは自殺をしても同様です。

どこか家を捨てて逃げてしまって
住み込みで仕事をさせてくれる場所を探すこともできます。
住み込みで仕事できる場所は
新聞配達や夜のクラブ、工事現場など様々あります。
一度家を捨ててこうした場所を探してみてはどうでしょうか?

生活ができるけれど、借金がひどい

ライフラインが止まらないけれど、
借金の額が凄いことになっている…ということもあるでしょう。
こうした時にはまず任意整理や自己破産などをしてみてください。
これらは家族などにばれずに進めることができます。
むしろ自殺をしたのであれば、
自分が抱えている借金などが全て知られてしまうでしょう。
死んで恥をかくか、生きてヒミツにしておくか。
あなたはどちらを選ぶでしょうか?

今ではネットで任意整理の相談をすることができます。
着手金無料、つまり
お金をかけずに任意整理をすることもできるので
下記の様な相談先でメールで気軽に相談してみましょう。


▼PR