やる気を出す方法

自殺したい、という方はやる気を出す方法を考えてみませんか?

このやる気と自殺は実に大きな関係があります。
ちょっとやる気を出しただけで
案外自殺する気がなくなったなんていうのはよくあることです。

本当に「自殺するしかない」というような状況の方は
やる気を出したところで解決しないかもしれません。
ですが、そうではないのに自殺を考えている人は実に多いのです。

管理人も自殺をしたくなった場合は
まずどうにかしてやる気を出す方法を考える時があります。
そういう気持ちになるまでに、
時間がかかるものではありますが…。

ここで紹介しているのは、
あくまで管理人が色々やってみている方法です。
人によって差がありますので、
それぞれ自分にあったやる気を出す方法を考えてみましょう。

サウナでやる気を出す

これが案外一番出る方法の気がします。
サウナと水風呂に入るのを繰り返すことで、
新陳代謝が刺激されてやる気が出るそうです。
管理人の場合、家の近くの銭湯にサウナがあるので
そこで水風呂を50秒、サウナに5分というのを
3〜5回ほどは繰り返すようにしています。
最初は我慢できずにすぐ出てしまうでしょう。
それでもよいので、何度かやってみます。
何度か繰り返すことで慣れていき、
だんだんと時間が長くなっていくでしょう。

帰宅したらすぐに寝てしまうかもしれません。
ですが起きてからはそれまでよりもやる気が出て、
全く行動することをしなかったのに
行動を起こす、なんていうこともあるのです。

やる気をニンニクで出す

100円位でスーパーやコンビニ、百均に売っている
ニンニクチューブを購入して
なんでも料理に入れてみます。
ずっとカップ麺ばかり食べているという場合でも
ニンニクは入れることができます。
ちょっと匂いが気になりますが、
やる気が出てきたりします。

鏡で自己暗示

鏡に向かってしっかり自分を見て、
「お前はできる、やれる…」と何度かつぶやきます。
声をだすのがポイントです。
鏡に向かって語りかけるのは
自己暗示の効果があるようですので、
そこで「自分はできる人だ」と暗示をかけるのです。

管理人はこの方法はあまり続けたことはありませんが、
本当にやばくなってきたと感じた時にしています。

声を出してやる気を出す

声を出してやる気を出すというものです。
下記サイトから見つけました。
外部リンク:お助け情報の森

腰に手をあてて、もう一方の手を
上に高々と上げて
「やるぞ!」と声を出すというものです。
体を動かすことも声をだすこともやる気を出させるのにつながりますし、
自己暗示もひとつ理由としてあるでしょう。

ちょっとやばい…となった時にこの方法を見つけたのですが、
ふっと気分転換ができました。
案外良い方法かもしれません。

昔聞いていた曲を聞く

音楽というのは心をかなり刺激するものです。
昔よく聞いていた音楽を見つけて
繰り返し聞いてみることでやる気を出すことができます。

もし、過去に「かなり頑張っていた時期がある」という方は
特にその時に聞いていた曲がよいでしょう。

過去に素晴らしい人間であったのに
引きこもりになってしまったり全くダメダメな人間になってしまう、
これは実はよくあることです。
そんな方は過去の自分を思い出してみましょう。


▼PR