自殺理由別、解決方法

楽になり、自殺願望からも開放される方法はあるか

自殺を考える場合に、様々な理由があると思います。
その理由が2018年現在でのこのサイトの統計でもっとも多い「生きているのが辛い」という場合にはその理由がハッキリしていないことも多いので難しいですが、すでに理由がわかっているのであればそれに向けて解決をすることを考えてみましょう。
もちろんここに書かれていることが全てではありませんし、管理人もまだまだ記載できている解決策は少ないと思っています。
ですが、なかには解決できる場合もありますので、少しでも参考になれば幸いです。
自殺を考える理由は様々

借金で悩んで自殺したい

健康問題に続き、借金などの経済状況は自殺理由の上位となっています。借金というのはなかなか人に言うことができず、そのために解決までに繋がらず、一人で抱えて自殺してしまうことも多いのです。

しかし借金関連というのは専用の窓口に相談することで解決できる場合があり、通常は周りにバレずに済みます。自殺で逃げてしまうと、死後「実はあの人には借金があった」と言われバレてしまいますが、弁護士などに相談することでバレずに借金が解決し、その後も人生を歩むことが可能なのです。

生活はできるけれど借金のことが頭から離れない、生活がままらない状態など状況は個人個人で様々ありますが、弁護士に相談して借金をどうにかしたり時には全て投げ出して逃げてしまうことで自殺をせずに済みます。

▼このサイトの関連ページ

借金で自殺をする前に見てほしいリンク

▼専用相談窓口(PR)

一番上に戻る

寂しくて自殺したい

寂しくて自殺をしたいという場合、実は何らかの原因があってそれに気づけず、解決できていない状態の可能性があります。
原因を見つけることが大切ではありますが、まずは誰かにその気持ちを伝えてみるのも解決方法のひとつです。
重度の憂鬱状態になっているのであれば病院に行かなければ完全には治らないこともありますが、話しているうちに自分が何で嫌な思いをしているのか見えてくることもありますし、話すことで少しでも気が晴れて、辛い状態が回復することもあります。自殺をしたいという気持ちはひとりで抱え込んでいるとその気持ちがどんどん積み重なってしまいます。
もしある程度悩みがわかっているという場合も、聞いてくれる人を見つけることで心が晴れて気が楽になることも多いのです。
自分の悩みや世間話などを人との会話やチャットなどで寂しさを減らしましょう。
親しい人に打ち明けることができなくても、WEBのサービスを活用する方法があります。特によりそいホットラインを運営している一般社団法人 社会的包摂サポートセンターは、さまざまな「気持ちをきく」サービスを展開しています。
全年齢、全性別向けは下記があります。

  • お悩みクラウド(書き込み公開型)
  • よりそいチャット(非公開のWEB)
  • よりそいチャット(非公開のLINE)
▼このサイトの関連ページ

▼専用相談窓口(外部リンク)

▼相談が投稿できるサイト(外部リンク)

一番上に戻る

仕事の悩みで自殺したい

仕事に関してのストレスは大きくなることもあり自殺に繋がることもあります。
主には

  1. 仕事能力が低いと感じている
  2. 職場の人とうまくいかない
  3. 良い仕事が見つからない

というのにわけられます。
いずれも転職して解決できる場合も多いのですが、そう簡単に「転職はできない」と考える方もたくさんいます。しかし2018年現在は売り手市場という、仕事を探している側がある程度選べると言われている時代です。
経済的という生活状況に直結する問題ではあるものの、どうしようもないので自殺するしかない、と考えるのであればもうバックレてでも他の仕事をするべきです。

▼このサイトの関連ページ

▼専用相談窓口(外部リンク)

▼情報サイト(外部リンク)

▼在宅ワークサイト(PR)

▼求人情報サイト(PR)

一番上に戻る

とにかくやる気がでなくて自殺したい

なんとなく何をしてもやる気がでないという場合、原因が見つかっていないので解決方法が難しいです。
考えられる原因としては、

  • 毎日が単調になってしまっている
  • 日々の現状に満足できていない
  • マイナス思考の傾向にある
  • 実は小さい悩みがいくつかある
  • 何らかの栄養が足りていない

などがあります。

精神科に行って相談をしてみる、何らかのやる気を出す方法を考える必要があります。
まずは自分の中に潜む原因を見つけることが現状を変える第一歩で、日々日記をつけてみるなどでも、無意識に感じている不満が出てくるかもしれません。

▼このサイトの関連ページ

生きているのが辛い理由を見つけよう

一番上に戻る

LGBTについて悩んでいる

同性愛であること、
性同一性障害であることなどで悩んでいる方は、
なかなか解決方法が見つかりにくいです。
他の方法に比べて
「こうすれば解決できる」ということが少なく、
同じ悩みを持つ人同士、
仲間を見つけることが大切ではないかと思います。性同一性障害であることなどで悩んでいる方は、大本の原因がはっきりしているながらもそれを変えることが現在の日本では非常に難しく、他の方法に比べて「こうすれば解決できる」ということがなかなかありません。体と心の性が異なっている状態を、一致させるには手術を受けるしかなくそれは日本では今のところできません。
海外で受けたとしても手術を行うこと自体が怖いと感じますし、費用もかなりかかります。できることとしては、その他の部分でストレスをできるだけ貯めないことです。
まずは同じ悩みを持つ人同士で悩みを共有し、日々の辛さなどを吐き出せる場所を見つけて、自分の居場所をつくるとよいです。
▼このサイトの関連ページ

  • 関連ページはまだありません

▼専用相談窓口(外部リンク)

一番上に戻る

いじめで自殺を考えている

いじめはなかなか解決方法が見つからず、ずっと苦しい想いをしているという方はこの日本にたくさんいます。

  • いじめが原因というストレス
  • 人に対する恐怖

というストレスと、さらにそこからトラウマや精神的疾患などにつながっていくことがあり、できるだけ早めに問題を解決する必要があります。

直接の原因である「いじめる人」から逃れるには周りが助けを差し伸べる必要がありますが、親や先生が全く助けてくれない場合や「下手に何かをすれば、余計にいじめられてしまう…」という恐怖から動くことができない方もいます。
たまにいじめられているから格闘技を習って強くなる、的な話がありますが、格闘技ではなくても何らかの方法で自分に自信をつけて一歩を踏み出す勇気をつけることが現状を改善するきっかけになります。

▼このサイトの関連ページ

▼専用相談窓口(外部リンク)

上記の中に原因が見つからないという方は、
生きているのがつらい、死にたいという場合寂しくて自殺したいを参考にしてみてください。