ドアノブ首吊りは苦しくない自殺方法なのか

ドアノブをはじめとした首吊りでの自殺方法は、本当に楽に自殺できる方法なのかを考えてみました。多くの場合、首吊り自殺は一番苦しくないと語られています。

首吊り自殺について考察していますが、個人的に研究した内容のため情報は不十分です。また、一度本当に現在の辛さを解決できる状況がないかを確認してみてください。
自殺をするな、というつもりはありませんが、現状を解決できる方法を知らないだけかもしれません。
またどのような考えでこのサイトを運営しているかはサイトのTOPに記載しています。
解決方法はこちら(まだ不十分ですが):自殺理由別、解決方法
TOPへ:このサイトについて
つらい気持ちの相談先(外部リンク):よりそいチャット(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター)

首吊りには準備が必要

首吊りは本当に苦しくないのか?

一番気になるのは、首吊り自殺が苦しくないのかどうか、です。気管ではなくて頸動脈を絞める方法であれば苦しまずに10秒ほどで意識を失うと言われています。管理人は過去に柔道で締められたことがあり、(落ちたことまではなかったですが)その時は苦しかったのを覚えています。ただ我慢をすることができるので窒息に比べればマシだと思います。
少しずつ意識が朦朧としてきて、なんとかしてこの状態から抜けないと…ということを考えていた様に記憶しています。

自殺の場合と柔道の場合

柔道で絞め技をされた場合、ポンポンと叩く「降参」の合図があります。実際の試合で、降参の合図をしている人もそのまま我慢して落ちた人も両方見たことがあります。
試合では「なんとしても勝ちたい」という気持ちが強くなるものですが、それでも降参をするということは、やはり苦しいということなのでしょう。
もちろん相手の締め方の技術にもよるのでしょうが、これが本当に”楽に”気を失う、というのはちょっと疑問です。つまり一般的に「確実に楽に死ねる」と思われている首吊りですが、少しの間は多少苦しむ可能性があるということです。

ドアノブでの首吊りは

ドアノブで首吊りをする場合、主に2つの方法があると思っています。
ドアノブで首吊りする方法を参照

ドアノブから直接首を吊る場合は、苦しくなってきたらある程度自分で位置を探すことができます。ですが逆に完全に抜け出す位置を無意識に探してしまうこともあるでしょう。ある程度楽な姿勢を探しやすくはありますが、自殺できずに終わる可能性が高いということです。

一方、裏側のドアノブから上をつたって首吊りする場合、足がつかないようになっていれば
苦しむことがあっても抜けだすことがなく、ほぼ確実に死ぬことができるでしょう。ただし、紐が切れたり完全に死ぬ前に誰かに見つかってしまえば失敗はします。
足がつかずに中に浮く場合、ほぼ確実に自殺できますが、苦しんでしまった時にはその苦しみから逃れるのは難しいでしょう。本当に苦しまずに確実に首吊り自殺するにはかなり準備や方法をしっかりしておかないといけないのです。

ドアノブ首吊りについては、下記のページで詳しく紹介しています。
ドアノブで首吊りする方法

▼自殺方法をまとめたページはこちら
自殺方法別まとめ


▼解決方法についてまとめたページはこちら
自殺方法別の解決方法


▼PR