日本人の首吊り動画

自分が首吊りする前から首吊り後までの様子を動画で配信した男性が日本にいます。なぜこうしたことになってしまったのでしょうか。

このサイトでは自殺の方法をさまざままとめていますが、楽に死ぬ方法がないか個人的に研究した内容ですので、必ずしも記載のように自殺ができるとは限りませんし、情報は不十分です。また、一度本当に現在の辛さを解決できる状況がないかを確認してみてください。
自殺をするな、というつもりはありませんが、現状を解決できる方法を知らないだけかもしれません。
またどのような考えでこのサイトを運営しているかはサイトのTOPに記載しています。
解決方法はこちら(まだ不十分ですが):自殺理由別、解決方法
TOPへ:このサイトについて
つらい気持ちの相談先(外部リンク):よりそいチャット(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター)

自分で自殺の動画を配信した男性

自殺をする人の精神状態

通常、自殺を考えている人というのは自殺を考えていない人と同じ精神状態ではありません。自殺から逃れるためにはこの精神状態を多少なりとも変えていく必要があります。悩みを抱えていたり、苦しんでいたりという状態で自殺を考えてしまうと一度大きな出来事がない限り戻ることがなかなかできません。
またこうした自殺を考えている状態では心のどこかで「助けを求めている」こともあります。「自殺したい」と周りに伝える人というのはこの助けを求めている行動でもあるのです。実際に動画を配信している男性は、最初はそこまで自殺をする気はなく、自殺を配信すると言うことで何かしらの助けを求めている部分があったかもしれません。ですが結果として煽られてしまう状態になり、悩んで苦しんでいる心がもっと変な方向にいってしまい「自殺するしかない」という気持ちになってしまったのではないでしょうか。

見られている感覚がなくなっていった

youstreamを配信している側は目の前に人がいないために”見られている”感覚は薄いです。通常ではない精神状態でなく、こうした動画を配信することの大きさを考える余裕もなかったかもしれません。結果として後々も色々な人が見ることができるようになってしまいました。

その動画は下記のリンクから見ることができます。
(iPhone、ipod、ipadなどApple端末ではおそらく見れません)
外部リンク:http://theync.com/shocking/18609-suicide.htm
ですが面白半分で見ることはおすすめしません。自殺を考えている方がこの動画を見て衝撃を受けたのであれば、自殺を考えていない人と同じ精神状態が残っているかもしれません。
また、その衝撃を発見者にも伝えることになります。発見者は自殺する前の準備で、ある程度決めておくことができます。どの人にするか考える余裕があるのであれば、大切で迷惑をできるだけかけたくない人を発見者にしないようにしましょう。

▽参考:その他の自殺配信者
自殺配信を行った女性

▼自殺方法をまとめたページはこちら
自殺方法別まとめ


▼解決方法についてまとめたページはこちら
自殺方法別の解決方法


▼PR