苦しくない自殺方法(首吊り)

▼PR



首吊りで苦しまずに自殺するためには、
どういうやり方だとよいのでしょうか。

首吊りは苦しくない、と言われていますが
それは頸動脈を絞めることで起きる
頸動脈洞反射という症状のためです。

この頸動脈洞反射というのは難しい医学用語を抜きにすると
頸動脈を絞めることで気絶する、ということです。
また頸動脈を通して脳に酸素が行かなくなるので、
脳も機能しなくなり、十数分で死に至ることになります。

首を絞めるのではない

管理人は過去に部活で柔道を習っていた時に
絞め技は「首を締めるのではない」と教えられたのを覚えています。

医療的な分野は専門ではないので
ちょっと怪しいのですが、
顎の下に引っかかるようにして、
首の横を締めるようになれば
窒息にて苦しむことは少ないのではないかと思います。

頸動脈ではなく気管を絞めると苦しい
喉を絞めてしまうと窒息により苦しくなるので
あまり喉に紐が当たらないようにします、
頸動脈は顎に沿う様に絞める
顎に沿う様に紐を絞めれば苦しさがほぼなく、
ふっと意識を失う感じで
苦しさはほとんどなくなります。

ただ、これは管理人の柔道の経験や
調べた知識を元に考えれれているもので、
正確な頸動脈を把握しているわけではありません。

また勉強をしてわかったら
新たにページを加えたいと思います。
※新たに発見したことがあるので、下記のページを追加しました。
首吊りでの自殺をした画像を見ながら考える
考察:楽な首吊りをするヒントになるかもしれないマンシェット

しっかりと力がかかるようにする

また、ただ頸動脈洞を押さえればよいというのではなく、
ある程度の力が必要になります。
過去に管理人が柔道で習ったのは
顎に沿う形で内側に絞るように力をいれる、というものでした。

やわらかいタオルで力があまりかからない様になっていたり
体重を支える場所があったりすることで
うまくいかなくない可能性が高くなるでしょう。


▼PR