睡眠薬で自殺できるのか?

PR:特許取得のメンタルケアサプリ【ヌーススピリッツ】


睡眠薬を大量摂取して自殺することができれば、と考える人は多いでしょう。

ですが実際には睡眠薬での自殺というのはかなり厳しいものがあります。
睡眠薬の入手についてと睡眠薬で自殺に至るまでの致死量が睡眠薬で実際に自殺することをかなり難しくしています。

病院で睡眠薬を入手

睡眠薬を入手する方法としては精神科、神経科に行ってもらう方法がひとつあります。
精神科に行って「睡眠薬の処方が必要」とされるには眠れないということを何度も伝えることで入手することもできるでしょう。
精神科、神経科であれば診断がほぼ患者の自己申告である部分も多く、怪我をした時に比べてはまだ入手しやすいです。
ただ、すぐに処方してくれることは少なく最初は解決方法などを提示されるので何度も通うことになるでしょう。

睡眠薬を購入する

他に入手する方法としては海外から直輸入の睡眠薬を購入する方法です。
日本のアマゾンや楽天などでも購入できるメラトニンなどがあります。
(▲今ではなくなってしまったようです。)

現時点で睡眠薬を持っていない場合はこういった方法で購入する方が早いかもしれません。
ですが、海外から購入できると言っても効き目の問題もありますし、それに睡眠薬をどれだけ摂取すれば死に至るのか?ということが重要となってくるでしょう。

睡眠薬の自殺は量が必要

これは現在管理人の元に正確な資料がないですが、物凄い量が必要であったと完全自殺マニュアルには書いてありました。
この本が出た当時と現在では事情は異なるでしょうが、それでも何十粒という量では足りないでしょう。

それだけ多くの量を摂取すると胃が痛くなったり、体が拒否反応で嘔吐してしまうこともあります。
こうしたことから睡眠薬だけで自殺することはおすすめできません。

自殺で睡眠薬を使う場合は併用する

睡眠薬を自殺に使うのであれば、他の方法と併用するのがよいでしょう。
睡眠薬で自殺するなら他と併用しよう

例えば、首吊り前に飲んでおく、寒い地域で凍死するために飲んでおく、または飛び降りするのに勇気がでないので
屋上などでたくさん飲んで眠くなったら落ちるようにしておく、ということもできるでしょう。

それぞれの方法で確実に自殺できるように…ということは
もっと考える必要がありますが、あくまで睡眠薬は補助として利用すると考えておくのがよいでしょう。

とはいっても、苦しみもがいてでも死にたいのであれば睡眠薬1瓶を大量のお酒と一緒に摂取をすればかなり苦しんで吐いたり暴れた後に、うまくいければ死ねるかもしれませんが…。

下記リンクに新しく知った睡眠薬(ではないですが)での自殺について記載しています。
サリチル酸ジフェンヒドラミンという乗り物酔い止めの薬を飲む方法が1つ。
睡眠薬ではなく酔い止めを致死量飲んで自殺
睡眠とは真逆のカフェインを大量摂取することの急性中毒による方法です。
睡眠薬自殺とは逆のカフェイン製剤の致死量


▼PR