自殺帰還者の書き込み記録(2013/06)

見つかったよ。最悪だ。

2013/06/02

乗り物に飛び込むのは見つかりやすいです。

おすすめしません。

私の場合、終電の時刻にしたんですけど、駅員に見つかりました。

2013/06/11

子どもの顔が浮かんだ

2013/06/12

首吊りしたが、落ちてしまったその音でみつかった。

2013/06/12

苦しむことなく死ねる首吊りを調べていたらこのサイトにたどりつきました。金問題で悩んでた末の事でしたので、このサイトを読まして貰って、もう一度一からやり直しをしてみよと思い直しました。もしやり直して駄目だったなら、その時で良いかと思ったのです。やるだけやって見ます。有り難うございました。

2013/06/16

20代男性です。

仕事や今までの人生に嫌気がさして実行しました。

失敗により首、頭部左側の感覚がなくなる、嗚咽がうまくいかない等の後遺症か何かが残りました。(病院に行けてないので、実際どんな状態なのか不明。)

その上、社会的な立場が悪化し更に復帰しにくい状態に。(仕事の無断欠勤、隣の住人、救急、警察などが自宅に来て騒ぎになりました)

正直、同居人にはいい迷惑を被られました本当。

仕事をやめるにも会社に顔を出しにくいし、次に職に就こうにも一度こういう事になってしまっては、次回も些細な事で辞めてしまうかもしれないし、もうどうしようもありません。

死にゆく感覚も覚えてしまいましたし、もう覚悟も出来ないと思います。

稼ぎがなければ生きられませんし、死ぬにももうあんな覚悟は出来ない本当この先どうしよう

2013/06/17

自殺しようとした日に友人から電話があってまた遊ぼうと言われたどうしたらいいかわからなくなった

2013/06/18

僕はチキンでなかなか実行できません。

死のうとする皆さまの勇気がうらやましい。それだけです。

2013/06/20

今日、縄を買ってきて首にかけてみたけど臆病だから出来なかった

2013/06/21

2013/06/23

20代男性

某書籍の影響で神格化されてる「首吊り」だけど、

俺は断じておススメしない。

はっきり言って難しすぎる。

運良く後遺症は残らなかったけど、二度失敗した。

一度は苦しんでもがいている時にロープの支持具が壊れて、もう一度は恐怖で必死にロープにしがみ付いて未遂に終わった。

自分の場合では、意識がすぐに飛ぶこともなかった。

「正しい手順でやれば成功率は高い」なんてのは他の方法でも言えることで、

確実性と準備の簡便さから言えば、

電車への飛び込みや高所からの飛び降りの方が圧倒的に理にかなっている。

そういう訳で今月末までにお金の目途が立たなければ、飛ぶ。

電車だと飛ぶタイミングも電車まかせで嫌だから、高所で。

2013/06/23

人と人とのつながり

2013/06/23

見つかった

2013/06/23

周りの人のことを思い、実行できなかった。

2013/06/23

ネクタイで首吊りを行いました。

しかし一度は意識を失ったが、ネクタイを括った根元が壊れ、ネクタイが緩み、意識を戻しました。

今考えると、壊れた事は良い事と思います。

しかし、死にきれなかった自分が、悔しいです。

2013/06/24

クローゼットで首吊りをしたが体重がかかり過ぎて失敗

2013/06/25

失敗理由は、ロープの問題です。

詳しくは書きませんが、あの有名な所で決行しましたが、パトロールが強化されてましたよ!!

地元の方のためにもあそこではしないほうがいいです!!

2013/06/28